汗は不愉快にニオイのもととなります。

汗対策は、頭皮に湿疹ができてしまうことも防ぐことができます。

ネットの口コミの内容を解析すると、市販の重曹とハッカ油で制汗剤や消臭剤を手作りできるので、試してみる価値はありそうですが、汗拭きや制汗などドラッグストアで買えるような市販品でも手軽に汗対策することが必要です。

何を使えばいいか、よくわからなければ、売れ筋の商品から選んでも良いと思います。

美容院やメンズサロンで聞いた話では、ヘッドスパや頭皮のクレンジングは気持ちも頭皮もさっぱりして良いようです。

ただし、何よりも自宅でのシャンプーそれとシャンプー後の処置が大切とのことです。

毎日のシャンプーに注意しても乾燥する場合があります。

そんな時は、オイルシャンプーまたはオイルクレンジング、それとオイルマッサージを試してみるといいでしょう。

ちなみに最近は、塩浴が流行っています。

シャンプー剤や石鹸・ボディソープなどを使わずにしおだけでケアする方法です。

海水浴から帰ってきた後に髪が数時間後にべたつくのと原理は同じで、余分な皮脂が塩分によって浮かすということです。

皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

というのも皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するための餌になるからです。

皮脂が分泌されるのは、皮脂腺です。

皮脂腺は体中にありますが、特に頭部には多いです。

つまり、常在菌が活動するためのエネルギーをより多く作り出して、結果的には常在菌を増やす好条件にもなっています。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

夏、塩ふくほど汗かく場面でもそうでもなくても頭皮のニオイチェックの方法は、指の腹で頭皮をこすります。

そしてその指の臭いを嗅いだ時、臭かったら頭皮は臭っていると思われます。

他には、ドライヤーを利用してセルフチェックできます。

乾いた髪にドライヤーで後頭部から前に風を送り、その風がクサいと思ったらば、頭皮は臭いを発していると考えられます。

こういったやり方は、男性、女性、子供でも間違いありません。

何日もかけて皮脂が付く枕とは違って、直接頭皮を触って臭いを感じるのは、臭いの原因となる常在菌(マラセチア菌)が活性化しているか、皮脂をシャンプーでしっかり洗い流せていない可能性があります。

皮脂は、指で擦った時にテカテカした感じなら分泌され過ぎていることを意味するので、治らないかもと諦めずに余分な皮脂はしっかりシャンプーで取り除くことを考えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする