かゆみ止め薬ムヒのメーカーが

20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。

ご参考までになぜかゆみを感じるかご説明します。

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

ということで、炎症が治らないと痒みは続くというメカニズムです。

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、清潔な頭皮を維持することです。

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

泡は十分なお湯を使ってすすぎます。

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

その際、熱風をあて過ぎないようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする