知って損はない、なぜかゆみを感じるか

をご説明します。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

それらの物質がかゆみを感じる神経を刺激するため人はかゆみを感じます。

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

これにより小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

最後に泡は、十分なお湯を使ってすすぎます。

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする