夏、塩ふくほど汗かく場面でもそうでもなくても

頭皮のニオイチェックの方法は、頭皮を指で擦ります。

そしてその指の臭いを嗅いだ時、臭かったら残念ながら頭皮に臭いがあるということです。

その他、ドライヤーを使ったチェック方法もあります。

乾いた髪にドライヤーで頭頂部の上から下に送風して、その風に臭いを感じたらば、頭皮にニオイがあると思われます。

これらの方法は、男性、女性、子供でも間違いありません。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、頭皮を直接触れて臭いがするのは、臭いのもとを作る菌が活発なのか、余分な皮脂を取り除けていないことが考えられます。

皮脂は、指で擦った時にテカテカした感じなら分泌され過ぎていることを意味するので、治らないかもと諦めずにその分はキチンと洗い流すことを心がけてください。

皮脂が増える原因は、洗髪、ストレス、ヘアドライ、食事、加齢といえるでしょう。

洗髪で皮脂のなくてはいけない分さえも洗い流してしまうことで、逆に乾燥から頭皮を守るため通常時よりも多くの皮脂を分泌してしまいます。

それにシャンプー剤を洗い残すとそれが頭皮の刺激となって、皮脂の分泌を増加させてしまいます。

ヘアドライは、ドライヤーを使わないと髪はもちろん頭皮の水分もしっかり乾かしきることはできず、体温によって残った水分が蒸れてしまい、それが皮脂の過剰分泌につながります。

もっともドライヤーによる熱風は、頭皮を乾かしすぎるとやり過ぎの乾燥は皮脂を分泌させてしまいます。

精神的なストレスは、自律神経の作用を乱します。

そのことで、皮脂分泌に影響が大きい男性ホルモンが過剰に分泌されると多くの皮脂分泌になってしまいます。

年齢を重ねることで、肌の保湿と分泌される皮脂の量のつり合いが乱れ、結果的には皮脂過剰な状態になってしまいます。

食事については、顕著な好き嫌い、特に油を使った料理や糖分が多いものを食べ過ぎると皮脂の分泌が活発になります。

お菓子や果物、それと乳製品の糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、それらの食べ過ぎはそれだけ余慶や皮脂が増えることとなります。

頭皮のニオイは、皮脂によって変わります。

なぜなら皮脂は、ニオイのもと肌の常在菌(マラセチア菌)の餌になるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

皮脂腺は体中にありますが、特に頭部には多いです。

つまり、常在菌が活動するためのエネルギーをより多く作り出して、ひいては、常在菌を増やす要因でもあります。

常在菌が増えることで、当然、脂肪酸のニオイも増えてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする