頭皮のニオイは、皮脂によって変わります。

なぜなら皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するためのエネルギーになるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

皮脂腺は体中にありますが、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

つまり、常在菌が活動するためのエネルギーをより多く作り出して、ひいては、常在菌が増える要因でもあります。

常在菌が増えることで、必然的に悪臭も増えるというわけです。

過剰な皮脂になってしまう理由として、洗髪、ヘアドライ、ストレス、加齢、食事が考えられます。

洗髪、つまりシャンプーで皮脂のなくてはいけない分さえも取り除いてしまっては、逆に乾燥から頭皮を守るため通常時よりも多くの皮脂を分泌しようとする作用が働きます。

それにシャンプー剤を洗い残すとそれが頭皮の刺激となって、この場合も皮脂の分泌を増やします。

ヘアドライは、タオルだけでは頭皮も髪も水分を完全に乾かすことはできないので、体温によって残った水分が蒸れてしまい、それが皮脂の過剰分泌につながります。

もっともドライヤーによる熱風は、頭皮を乾燥させ過ぎてしまうこともあり、やり過ぎの乾燥は皮脂を余分に分泌させることになります。

ストレスは、自律神経の作用を狂わせます。

それにより、皮脂分を促す男性ホルモンが活発に分泌されれば、多くの皮脂分泌になってしまいます。

加齢によって皮脂の分泌量と肌の水分量のつり合いが乱れ、結果的には皮脂過剰な状態になってしまいます。

食事では、栄養バランスの不均衡、特に油を使った料理や糖分が多いものをたくさん食べると皮脂の分泌が活発になります。

お菓子や果物、それと乳製品の糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、糖分が多いものを食べ過ぎるとそれだけ余慶や皮脂が増えることとなります。

頭皮の匂いを消すというスプレータイプの商品を使ってみたが、長くはもたなかった。

頭皮の匂いは病気なのか?頭皮の臭い対策シャンプーはもちろん使っているが、丁寧に使ってもなかなか治らない。

臭うなと感じたときは、ドラッグストアーでおすすめのポップを見て購入し試したが、イマイチ効果を感じることができなかった。

やはり市販品でなく、ネットの専門ショップで購入するシャンプーの方がいいのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする