乾燥・敏感な頭皮の人は、

シャンプーの見直しが先決です。

絶対に避けたいのは、頭皮の皮脂をほとんど取り除いてしまう石油系の界面活性剤が含まれているシャンプー剤です。

具体的にその成分は、ラウリル硫酸(ナトリウム)ですので、成分表に合ったら、そのシャンプーを使ってはいけません。

どれがいいかというと肌に優しいアミノ酸が主原料のシャンプーが良いです。

大島椿の椿油シャンプー、第一三共ヘルスケアのミノン、花王のキュレルなどは、市販シャンプーで選ぶとしたらお薦めできます。

地道に続けて頭皮から赤みやかゆみなどの不愉快さがなくなって頭皮が潤ってくれば、目立つフケはなくなることでしょう。

その他、シャンプー選びのポイントをご紹介します。

オイル系シャンプーなら植物オイルや馬油など自然由来の主成分が使われているものを選びます。

石鹸系は、弱アルカリ性では洗浄力が強すぎるので、弱酸性のものを選びます。

薬用系は、乾性フケ対策になるアラントイン入りのものを選びます。

頭か痒いなと思ったらかさぶたができていた。

そして、白いカサカサのフケが目立つようになった。

頭皮に炎症でもできているのだろうか?頭皮かさぶたは、自分でできそうな対処法をする。

保湿のためにできることも必要なので、保湿剤も塗り方を気にしながらケアしてみよう。

アラントインは、肌荒れ、消炎効果(ニキビの赤みを抑える)アレルギー抑制作用、細胞の若返りなどに有力な効能があるとして医薬品に利用される成分です。

それが配合された化粧品は、医薬部外品の化粧品に昇格します。

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に含めることで、化粧品の中の刺激性を緩和することで、製造者が、化粧品内染料の刺激を耐えたい、新たな敏感肌向けの商品を開発する場合に価値のある成分です。

また、育毛の効果があったり、花粉症の目にも有効のためほとんどの目薬に配合されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする